Home > スタッフブログ

スタッフブログ
サンクチュアリ出版スタッフの日記です。

2014年03月28日

新しい社員が増えました!

総務部・ミーハー担当の岩田です。

サンクチュアリ出版では、最近新入社員がどどっと増えました!
デザインアシスタントの本田さん、書店外営業の筑田くん、広報の淡路君の3人です。

もともと社員数の上限20名と決めている小さな会社なので、3人も増えるとなんだか一気に賑やかになって嬉しい!
とても個性的な面々なので、少しだけ紹介しちゃいます。


デザイアシスタントの本田さん
若いです。かわいいです。
もともとサンクチュアリのファンでイベントなどに遊びに来てくれていたのですが、
入社のきっかけはなんと「わんこ蕎麦」!!

サンクチュアリ出版が立ち上げた部活動「はじめての〇〇部」で「はじめてのわんこ蕎麦体験」
というイベントをやったのですが、そこに参加してくれた彼女。

男性陣さえ、100杯目前に次々ギブアップしていく中、
なんと115杯を食べきり、ぶっちぎりの優勝を果たしたのでした。

「優勝商品何がいい?」「サンクチュアリ出版への入社がいいです!」
てな感じでとんとん拍子で入社が決まり、強運ならぬ、強胃袋っぷりを見せつけてくれたのでした。
(はじめての〇〇部は新入部員募集中です!
http://www.sanctuarybooks.jp/information/cate/news1341.html


書店外営業の筑田くん。
前職はとある飲食チェーンの店長という異業種からやってきてくれた彼。

書店外営業とは、カフェや美容室などの本屋さんではないお店にサンクチュアリ出版の本を置いてもらう営業活動のことで、主に飛び込み営業がメインなので精神的タフさが求められますが、まだ20代とは思えぬ落ち着きぶりと営業センスで、入社早々ガンガンにサンクチュアリ出版の本を広めてくれています。

前職の夜型生活から朝型生活にチェンジするのに苦労しているようです。


広報の淡路くん。
前職は某インテリア小売業大手でお客様係として働いていた彼。
ゆとり世代だからという理由でメルマガでは「ゆとり担当」を任命されていますが、
メルマガなのになぜか詩的表現を多用するなど、独自の世界観を広げています。

あまりにも周りから「ゆとり」を連呼されるので、本人的には迷惑そうですが、
私も先日、時間に遅れてきた彼に向かって「こら!ゆとりを持つなっ!ゆとり世代」とつい叫んでしまいました。
さわやか高山さんとの相性が危ぶまれていましたが、今のところは上手くやっているようです。


サンクチュアリ出版では、現在も社員募集中ですので、
気になる方は採用情報をチェックしてみてくださいね!
わんこそばを100杯以上食べたら合格、というわけではありませんのでご注意を!笑
4月10日が応募の締め切りです!

http://www.sanctuarybooks.jp/company/recruit_pc.php?&utm_medium=web&utm_campaign=web&utm_source=header
posted by サンクチュアリ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

春ッスね

近所の桜が咲き始めました。すっかり春ですね。こんにちは、デザイナーしんぱちです。

なんか、最近、映画館がバカ混みです!
春休みってのもあるかもしれませんが、ドラえもんが公開されたり、アカデミー賞が終わって話題作が続々公開されたり、とにかく映画館が人だらけです。
とくに「アナと雪の女王」!!見ようと思って行ってみたら満席で入れない…とにかくすさまじい人気っぷりです。そんな中、けっこうお客の入りも地味〜な、あまり注目されてない映画なんですが、すばらしく面白かった映画があったので、紹介したいと思います。

「LEGO(R)ムービー」です。
あのカラフルなブロックでお馴染み「レゴ」の映画です。レゴでできた世界で、レゴでできたキャラクターたちが活躍する、レゴによるレゴのためのレゴムービーです。
この段階でちょっと「?」ですよね。僕も正直なめてました。ところがこれがとんでもない傑作でした。
単純にまずレゴで作られた世界がすごいです!
とにかく広大なブロックの世界が広がっていて、ジオラマとか箱庭感とか、そういうのが好きな人は、これだけでノックアウトされてしまいます。まるで夢のような世界です。
そこを動き回るレゴたちの動きがまたいい!ブロック然としたカクカクした動きで、それが実に気持ちいいのです。で、いざアクションが始まると自由自在にフォルムを組み立てながらすさまじいアクションを繰り広げていく。これを言葉で説明するのが難しいんですが、水しぶきとか、爆発とか、すべてレゴで作られていて、一つ一つの小さなアクションがとてつもない手間の上に成り立っているのが分かる。もう「すごい!」ってしか言えないです。
で、この映画のすごいところは、そこで終わらないことろです。
物語は、どこにでもいる平凡なレゴの青年エメットが、ひょんなことから世界を救う勇者に祭り上げられ、世界を終わらせようとしている「おしごと大王」を倒す冒険にでるという定番ファンタジー風のおはなしなんだけど、終盤で物語が一転します。そこからこの世界の根幹に関わる話になっていきます。
なぜ世界がレゴなのか?玩具とは誰のためのものなのか?想像力とは何なのか?すごく普遍的で哲学的なテーマに関わる話になっていきます。そして泣かせます。少なくとも僕は号泣しました。
笑って泣ける、そして少し考えさせられる、いい映画の条件がバッチリ詰まった映画です。で、最後にすごく気のきいたオチまでついてきます。カンペキです。
とにかく、すばらしく面白かったので、「アナと雪の女王」が満席で入れな〜いって人は、是非見てみてください。
posted by サンクチュアリ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

ふと思いました。

こんにちは。営業部の市川です。

みなさん、Skypeって知ってますか?

あれ、すごいですよね。

僕は毎週、ニューヨークにいる副社長&編集者のロバートと、
Skypeでミーティングをしています。

もちろん日本語です。


当たり前のように毎週していますが、改めて考えてみると、
便利な世の中になったなーって思いました。

家にいても、出張先でも、海外旅行に行ってても、
どこでも会議ができるんですよね。



確かドラえもんの道具にも、
テレビ電話みたいのがあったように思います。


子供のころに夢だった世界が、
現実になっていくのってすごいなーって、
ふと思いました。



いつか、本当に「どこでもドア」ができるかもしれませんね。

そしたら、どこか暖かい国に住んで、ドア一つで通勤なんてのも
夢じゃないかもしれません。


生きているうちに発売しないかな、どこでもドア。

みなさん、いくらなら買いますか? どこでもドア。
posted by サンクチュアリ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

もうすぐ春ですね。

営業部の石川です。

 
3月も下旬になり、暖かい日が増えてきました。
今日は冷たい雨が降っておりますが。
暖かいのか、寒いのかわからず上着を着ないで
外に出たことを後悔しています。

 
若干の寒気を感じておりますが、花粉症の私は、
これが風邪のひき始めなのか、ただのアレルギー症状なのか
真剣に見極めて明日からの3連休の過ごし方を考えています。

 
皆様もまだまだ寒い日もあるので、風邪などひかぬようお気をつけ下さい!

posted by サンクチュアリ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

童心に返って

こんにちは。広報部の淡路です。

3月10日(月)のこと。
うちの1Fで『叫んでみよう!自分の夢を、情熱を壁一面のキャンパスに』というイベントがありました。
タイトルだけではよくわからないですよね?
僕もそうでした。
正直なところ、膝の上にMacBookを置いて仕事しながら見よっかなー、始まるまではそれぐらいの気持ちでいました。


しかーし!仕事しながら、見れるもんではありませんでした。
僕は開始1分でMacのキーボードに両手を置いたまま、山内さんのパフォーマンスに釘付けになりました。





それぐらい引きこまれました。
山内さんのパフォーマンスに。
音楽に合わせて、ダンスも交えて、白と黒の大きなボードに絵を描く。
最初は全く何を描こうとしているのかわからない。
視覚と聴覚は、ダイナミックな山内さんの動きと音楽に刺激され、心はワクワクしながらも、
脳みそでは、徐々に“一体これは何を描いているのだろうか”という疑問が沸き上がってくる。


だが、その疑問も突如解決される。
中盤で、2枚のボードをひっくり返し、浮かび上がってきたのは、レクイレムを指揮する指揮者。

performance-art-in-shibuya-tokyo-2014.jpg


かっこいいー!!

震災復興と死者への追悼の意を込めたこの絵。

めちゃくちゃ迫力ありました。



山内さんのパフォーマンスが終わったら、みんなで、大きなキャンパスに思い思いの絵を描きました。

そして。。

「最後は震災復興のメッセージをみんなで描きましょう!!」

となって僕もいてもたってもいられず、とうとう参加しちゃいました!

色とりどりのクレヨンで思いつくままに絵を描くのなんて何年ぶりでしょう。



なんか童心に返った気分で、とても楽しかったです。


今、山内さんとサッカーとアートを組み合わせたイベントをやろうって話をしているんですよねぇ〜

6月15日のサッカーW杯日本代表初戦をみんなでフェイスペイントやボディペイントして、

うちの1Fでパブリックビューイングしよう!って企画です。

たのしみだな〜

ま、こんな感じで色々なイベントをサンクチュアリ出版の1Fではやってます☆

是非一度覗いてみてくださいね。

http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?&utm_medium=web&utm_campaign=web&utm_source=header
posted by サンクチュアリ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。