Home > スタッフブログ

スタッフブログ
サンクチュアリ出版スタッフの日記です。

2014年07月30日

夏将軍



みなさん
暑い夏を楽しんでおられるようで
なによりです。

編集部ハシモトです。

夏ですねー。

夏がやってくると
熱気とか夏のセールの呼び声とか
遠くから聞こえる花火の音とか
海と太陽をバックに水着でポーズを決めた男女の
ポスターなどをやり過ごしているうちに、
「充実しなきゃ」という重圧感におそわれて、
だから休みでも、とりあえず早く起きて、
どこか知らない町へ行って、知らないお店に入って、
なにかを食べることにしています。

というわけで、
最近、印象に残っている
おいしい食べ物屋さんをご紹介します。


■大阪 心斎橋 北極星本店のオムライス
10年ほど前、某作家さんにすすめられて、
ずーと行きたいと思ってたお店。先日ようやく出張ついでに食べられた。
顔がくしゃくしゃになるほどうまかったー。

■東京 笹塚 とんくるのとんこつラーメン
とんこつラーメンは得意じゃないんだけど、
なんかつるっといけちゃった。注目は家族ぐるみの接客。神レベル。

■東京 大井町 B&M151Aのハンバーグ
ごめん、ハンバーグ俺史上、ここが一番かも。
内装も大人。素敵。

■東京 経堂 ガラムマサラのチキンカレー
マトンが食えない私は、邪道だと思うんだけど、
ここ、ほんと、うまい。ふだんはナン好きだけど、
ここはライス(インディカ米?)が特においしいと感じた。

■台湾 台北 長白小館の酸菜白肉鍋
いきなり台湾でごめん。
ここは超人気店だったので予約してったんだけど、
その価値あったなー。酸っぱい白菜と豚肉の鍋を、
自分で組み合わせたつけダレでいただくんだ。

■台湾 台北 豆花莊の豆花
豆花っていうのはお豆腐みたいなものに、薄甘い汁と、ピーナッツとかブラックタピオカなんかをかけて食べるスイーツなんだけど、
まあそんな描写じゃ全然おいしそうじゃないな。
でもうまいの。こんなのばっか食べてりゃ、若い娘たちも太るはずないな。

■大阪 新世界 八重勝の串カツ
なに食べてもおいしかったけど、紅ショウガが特においしかった。
大阪のおばちゃんたちって串カツ食べながらお冷や呑むんだよね。
5人組が全員お冷や頼んでて、びっくりした。

■大阪 道頓堀 福太郎のねぎ焼き
基本、ねぎと卵と小麦粉でしょう。
なのに一体なんちゅうものを作り出してくれるんだと、
店主の背中をずっとリスペクトの目で見つめてましたよ。

■長野 諏訪 くらすわのランチ
養命酒が運営するおしゃれな複合施設「くらすわ」の中にあるレストラン、めちゃいいですよ。ランチをすると野菜バイキングがついてくるんだけど、もうこれだけをエンドレスに食べてられる気がする。


以上、
ほかにもご紹介したいお店はいっぱいありますが、
とりあえずここまで。

良い夏を!

#夏の過ごし方で迷っている人は
ぜひこちらの本を↓
http://www.sanctuarybooks.jp/bouken/

posted by サンクチュアリ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

GOING BACK TO YOUNG

営業の二瓶です。

先日地元でドンブリでトライバルタトゥーの入った中年のおじさんを見かけました。
また、渋谷では、かつてのキューティ少女というのでしょうか?キャットウーマンみたいな頭をして
ミルクボーイみたいな服を着たおばさんを見かけました。

なんというのでしょうか、自分らが高校生くらいのころ、
夜な夜なクラブで遊んでいたファッションやカルチャーのお手本のような先輩たちが
見るも無残なジジイ、ババアになっている現実。
そしてまるで時が止まったまま、ブレない趣向。
というか消えないタトゥー。
しかし、無残な引力には勝てない肉や肌、心細くなった頭髪。

そうです、文化とかインクとかイエローとかシスコとか、あの頃の時代の
輝いていた遊び人たち。
まだケータイもインターネットもない、クラブでしか会えない友だちとクラブに会いに行った時代の話です。

時は経ち、人は老けるのは当然ですが、ジジイ・ババアはもっと、ジジイ・ババアだと
思っていました。なんというかもっと、ジジイはジジイっぽく、ババアはババアっぽいと
思ってたんです。
言ってる意味がわからないでしょうか。すいません。

そんな自分も、同等レベル級やばいということは鏡の中の自分を見て
重々承知しております。人のことを言っている場合ではありません。




今年の夏は、ちょっと頑張ろうと思いました。

今日も暑かったですが、今日はビールやめとこうかな。

おすすめの一冊です。
尿酸値改善のためのプリン体まるわかりBOOK
posted by サンクチュアリ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

世界遺産で結婚式!

経理部のあっき〜なです!
みなさん暑い中お疲れ様です。

 


私は先日、元スタッフの結婚式に呼んでいただき、
岩手県は平泉まで小旅行させてもらいました。

 


平泉といえば、世界遺産。
なんと、その世界遺産である毛越寺の境内での結婚式でした!

 


浄土庭園に囲まれた本堂内で、厳かな雰囲気の中で行われた式は、
参列させていただいた私にとっても、一生の思い出になる経験でした。

 


中尊寺にも足を運ぶ時間も作れて、
800年前の歴史を感じる、大変貴重な旅となりました。

 


日頃は流行を追ったり、最新の情報を仕入れる事に意識をとられがちですが、
昔の厳粛さに触れる機会も大事だと感じる事が出来て、とてもいい時間となりました。
日本での世界遺産登録が続いているので、機会を設けて足を運んでみようと思います。



posted by サンクチュアリ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

I ハート(トランプ) 松山千春

お暑ぅ〜ございます。
北海道から帰ったばかりで、暑さが沁みている 経理部 ナリでございます。

 


 


今回の「勝手にパワープッシュ」Vol.4は北海道の誇り【松山 千春さん】です。
北海道出身の私は物心ついた時から松山千春…いや、ちーさまを聴いていました。
父親がとても、ちーさま好きで、ドライブのお供はちーさまかテレサ・テンでした。
子どもながら
「素敵な声の持ち主だ!”のび”がパねぇ!!」
と、歌詞の意味も知らずに、ハミングしていました。

 


やはり、子どもの頃の擦り込みってのは強烈らしく
地元が恋しくなるとパワープレイ。
ほぼ、行かぬカラオケでもパワープレイ。
会社でもパワープレイ。
同室の社長とディナーショーに行こう!と話すくらいただただ、パワープレイ。

 


日本の心を謳うミュージシャンが少ない中
日本独特の”歌謡曲””演歌”は大切にしなくてはいけないですね。
と、心から思おう次第です。

 


松山千春 Official Goods Online Shop
HPが見当たらなかったのですが、オフィシャルな情報が満載なので。

【大空と大地の中で】
【恋】
【君を忘れない】
もっともっと素晴らしい曲はあるので、気になった方は是非、是非にお聴きください。
沁みますよ。

 

posted by サンクチュアリ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

かっちょええ!♪

暑いですね。若干溶けてるつるり@社長です。
週末も暑かったですね。。30℃超えるのなんか当たり前。
東京だけじゃなくて、北海道とか東北も今年は暑いみたいですね。

先週土曜日の仙台も34℃だったんですって!驚
そんな中、要注目のサッカーの試合がユアテックスタジアム仙台で行われたわけです。
このスタジアム、何度も行っていますが、本当にサポーターの声援が会場全体を包み込むように響いて、武者震い&トリハダが大変なことになります。
今年の5月6日の仙台VS神戸戦に行きましたが、ホームの仙台が2点先制されて後半を迎え、追いついてまた突き放され、また追いついて、ついに4−3で大逆転勝利を飾った試合。サポーターの歓声が身体中を駆け巡り、全身の血が沸騰しそうでした。

そんな熱いサポーターに支えられている仙台が、天皇杯でアマチュアの奈良クラブを迎えた一戦が土曜日に行われたわけですが…
行けばよかったー!!!!!
子どものサッカースクールなんぞに行っている場合ではなかった爆
元・仙台の選手、岡山とシュナイダーが所属する奈良クラブが、見事なジャイアントキリングを見せてくれました!!
中継がなかったので、試合経過を伝える携帯サイトの更新ボタンを何度押したことか…

関西リーグ1部(Jリーグでいうと5部相当)のチームが、アウェイでJ1のチームに勝つなんて、恐らくJリーグが始まって以来初めてのことだと思います。
100回やったら99回は負けるであろう相手に対して、34℃という酷暑の中全力で走り続け、「この試合に勝てるならば身体が壊れたっていいっ!!」という気迫で結果を出した奈良クラブのみなさんに、大事なことを教わりました。

やっぱり人生生きていく中で、「ここが本当に勝負どころだ!」という瞬間が何度かあると思います。
そのチャンス(もしくはピンチ)のとき、自分の全力を出し切って頑張れば、きっと結果はついてくるんだということ。
「こんなん絶対勝てるわけないよ」と思って勝てる勝負なんかないんだってこと。
本気でW杯優勝を目指しているチームじゃないと、W杯には勝てないんだってこと。
(今回日本は優勝できませんでしたが…W杯はこれからも4年に1度やってきます!)
日々仕事をしながら練習し、本気でプロに勝つために必死に考え、走り負けなかった彼らの姿に、たくさんの勇気をもらいました。

試合後の「岡山劇場」も感動的でしたね。。
https://www.youtube.com/watch?v=wVpCDl3K2E8
あ、「岡山劇場」という本も出ています。
http://www.okayamakazunari.net/

こんな試合があるから、サッカーは面白いんだよね〜
posted by サンクチュアリ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。