Home > スタッフブログ

スタッフブログ
サンクチュアリ出版スタッフの日記です。

2014年10月28日

symmetry

左右対称が好きです。
営業部の吉田と申します。


デザインや建造物、人の顔などで、
イイな〜と感じるのは左右対称が多い気がします。

なぜそう感じるのでしょうか。

小学生の時、学校のトイレの鏡でふと顔を見たとき、右と左で顔が違う。。と気づいた時はショックを受けました。

美男美女と言われる方達のポイントで、シンメトリーはよく言われますよね。

【こんな人は顔が歪みやすい】というポイントを調べると。
•肩、首のコリがひどい
•よく頬杖をつく
•食事の時に片側ばかりで噛む
•通勤電車で休めの姿勢で立っている(片方に重心が寄っている)
•うつ伏せ、横向きで寝る
•椅子に座ると脚を組みたくなる
•口を大きく開けるとアゴがカクっと鳴る

当てはまる数が多いほど歪み大なんだそうです。


えーと、
僕は全部当てはまってました。


歪みは健康にも関係しているので、改善していきたいと思います。


そんな僕の名前は吉田大典
左右対称の男です。

posted by サンクチュアリ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

私と金魚の話、しませんか。

営業部山口です。

8月から金魚を飼育しています。

前回のブログでお話ししました金魚たち

↑なんと3匹とも迎え入れてすぐ、星になってしまいました!!!




購入したばかりの水槽がからっぽの危機・・・

こりゃいかんと思い、新たに3匹の金魚を買ってきた。

流金、更紗流金、黒出目金を各一匹づつ買いました。

今度はまるい金魚たち。かわいい!これぞ、THE金魚!

わくわく♪

しかーし

一匹の金魚に、ちーーーっちゃい寄生虫がついていたのです。

素人が気づけるはずもなく、アッという間に全員に伝染〜

二匹が星に・・・

そして最後の一匹も体に10匹くらい寄生虫をぶらさげ
水中で斜めになって浮きかけている状態。


あぁ、思い出しながら文章にするのも辛いです。


私は金魚のことを調べまくりました、

最後の一匹が星になる前にできることをするんだ!!



調べれば調べるほど、金魚飼育って奥が深い。

私がやった、間違った金魚のかわいがり方とは次のうち何番でしょうか。

@金魚を買ってきたらすぐエサをあげる、エサ食ってるとこ見たーい♪
A夏だから金魚が暑いよね?氷を入れたげるね、この幸せモン!
B元気ないなー、エサいっぱい食って元気出せ!
Cちょっとくらい水道水そのまま使っても平気平気、むしろ鍛えられる。
D水が白く濁って金魚が見えにくいから水を全部換えよう!
Eデッカい石の山みたいなフィギュアを飾り付けに投入。
Fココアをエサにすると金魚が調子よくなる裏ワザ発見。
Gツウは店から買ってきたら金魚をイソジンで消毒するんだぜ?知っとるけ?


正解は、




もちろん全部です。


正しい?飼育に目覚め、必死に最後の一匹を看護しました。

薬浴させ、たっぷりエアレーション。
0.5%の食塩水で泳がせ、毎日水替え。
エサはほとんど与えない。

ふぅ。

9月は病気金魚の治療・介護に明け暮れた。

その甲斐あって、奇跡の復活を遂げたのです!!!

元気ピンピン!

復活してくれてありがとう、金魚君。

すっかり自信をつけた私、すぐに2匹買ってきて水槽に追加!!

うーん、いいね!アクアリウム最高ー!


ありゃ、また水が濁ってきた??
しかも金魚がつつき合いしてる!ケンカ!?

次回につづく

IMG_20141022_002152.JPG









posted by サンクチュアリ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

野外de音楽、どう? - 芸術の秋の1スタイル!

こんにちは。
音楽大好きライブ大好き、デザイン・アシスタントの本田です。

というわけで、
先週末はリア充ならぬライブ充でした。

【10/18(土)】摩天楼オペラ@日比谷野外音楽堂
会社の中で、摩天楼オペラ(※通称・摩ペラ)を聴く人間どころか
知っている人間さえ、もはや私だけなのではないか…と思えるアウェイ具合ですが、
そんなの関係ねぇ!と一昔前の流行語にあやかり、ここぞとばかりに休日をはっちゃけて参りました。
天高く馬肥ゆる秋、とは申しますが、夕方の18時にはすっかり暗くなった夜空の下で、
澄み渡った都会の真ん中にぽっかり空いた空間に、
高音に低音に、響く音の連なりは素晴らしかったです。
会場は日比谷野外音楽堂とあって、霞ヶ関のど真ん中!
バンド名“摩天楼オペラ”が、文字通り都会の摩天楼?の真ん中で
オペラ調の音楽を響かせる、その名を体現したパフォーマンスの様、
すり鉢状の客席をビンビン震わせながら観客の躯の芯まで浸透していくパワフルな音の響き。
今回私はこちらのバンドのライブは初参加でしたが、すっかりハマってしまいました。
摩ペラのライブにも、そして日比谷野外音楽堂のライブにも、また行きたい。
いやー、晴れた日の野外のライブって、しかも星空の下のライブって気持ち良いんですね!!
音とピッタリ溶け合っていけるような開放的な空間での音の響きに、
すっかり魅せられてしまいました。

【10/19(日)】VAMPS主催ハロウィンLIVE、<HALLOWEEN PARTY 2014>
こちらは、テレビのニュースなどでもたまに取りあげられたり、ネットニュースにも部分的に記事が出ていたりするので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね!
昨日とは打って変わって、ハロウィンですから。仮装です。
とはいえ、私は仮装らしい仮装をほとんどまったく持っていないので、
苦し紛れに、以前台湾旅行をした際に購入したチャイナドレスで行ってきました。に〜はお!
しかしながら・・・皆さんの仮装の、クオリティの高いこと高いこと!!
よかったら、Google先生などなどで「VAMPS ハロウィン 仮装」とかで画像検索してみてください。
なんと、事前のフォトコンテストで演者たちの目に留まれば、
憧れのアーティスト達があがるのと同じステージをランウェイにして、仮装モデルとして歩くことも出来ます!
他にも、事前のカラオケイベントで選ばれた方々はステージ上で大好きなアーティストの曲を歌えたり、観客参加型の企画も沢山あります。
何より、フェス形式なので、お気に入りのアーティストが多数出演したり、
しかも皆普段のステージ衣装とはまたひと味違う、
本格的な仮装スタイルでのパフォーマンスとなれば、ファンの興奮もひとしお…!!
主催のVAMPSはもちろん、出演者もアイドルグループから国民的ロックバンドまで多岐に渡っています。
ほぼ立ちっぱなしの3時間半があっという間。
あとに残る腰の痛みと静かな胸の高鳴る余韻が、参加しきった感があって
気持ち良くって、なぜがヤミツキに。
足は棒のようですが、翌年にはそんなことキレイさっぱり忘れて、なぜかまた、
胸の高揚とともに絶対参加したくなっちゃうんです。

* * *

なんだか後半宣伝みたくなっちゃいましたが、
そんな、大好きな音楽の世界に沢山触れ、溺れた
贅沢な「芸術の秋」を味わう一週末でした。
暑い夏、寒い冬に比べて、幾多の感慨を呼び覚ます奥ゆかしさを持ちつつも
過ごしやすい、春と秋はあっという間!
食欲の秋、スポーツの秋、音楽絵画その他の芸術の秋…皆さんもどうか、後悔なきよう
素晴らしい秋の季節を堪能されてくださいね。
そして、どうか、読書の秋をご堪能の際には、サンクチュアリ出版の本の携帯をお忘れなく…!
私たちの作った本が、皆さんの秋や四季を彩る一幕の一道具となることが出来たら、
たいへん幸せです。
posted by サンクチュアリ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けっきょく書ききれない



編集部のハシモトケイスケです。

いきなり尾籠な話で申し訳ないですが、
男が「ノーパン」でいけるかどうかは、その日のコンディションによります。
まずズボンが濃い色であることが不可欠。
かつ、その日、酒に酔おうが腹をこわそうが、
「諸事に甘えない覚悟」があるかどうかが問われます。
上記2点がクリアできれば、かわりに解放感が得られますが、
解放感を犠牲にしてでも、多くの人々がパンツを履くのは、
やはりそちらの方がメリットが大きいと考えているからでしょうね。

どうでもいいですね。


さて、
ここんところで印象に残っている
おいしい食べ物屋さんをご紹介します。





■代沢 打心蕎庵(だしんそあん)の鴨そば
いきなりかましました。大人のおそば屋さんです。入口からそれとわかります。
茶室のような庭園バックに、逆光の和服美人が似合うお店。
内外装のすばらしさを超えるすばらしいおそばは、口の中を完全京都化。


■代田橋 まるやまの鴨そば
またそばか。といわれたら、ああそうだ、と答えましょう。
おそばが大好きな私ですが、こちらのおそばを口にいれた瞬間、
(あれれ? こんなにおそばって美味しかったっけ?)と記憶がバグるほどの味と食感。


■錦糸町 メイプルハウスのシュー
ぼくは正直、サーターアンダギーのような、もさもさ系お菓子が苦手なんですけど、
見た目からしてそういうのかと思ってたんだけど、ぜんぜん違います。
小さい頃、映画館とか遊園地にいった甘い思い出を、
こぶし大に焼き上げた感じのすばらしいメイプル仕上げ。


■川崎ラゾーナ 金子半之助の天丼
観光地的、フードコート的な場所であまりごはんを期待しちゃいけないと、
厳しく教わって育ってきた私ですが、各種ファミリーたちの歓声悲鳴をデリートして
目を閉じ、さくっと食べれば、おお、そこは老舗の天ぷら屋じゃないですか。


■八王子 圓の煮干し鰮ラーメン
いってしまいました超有名店。開店前の行列ってやつに並んじゃいました。
エビアンより澄み切ってるんじゃないのと思えるスープから、
お正月か?と錯覚するほどの煮干しの世界がどどん、どどんと押し寄せてくる。
食べながら、心の中でこりゃ大変だーって叫びましては。


■武蔵関 洋食三浦亭のビーフシチュー
洋食屋さんに「本格」も「なんちゃって」もないと思うけど、
こちらは本格の方ですわと、素人ながら確信できるお店です。
レストランというよりも、もはや小劇場。店主のリズミカルな身のこなし、
黙って見守るお客、軽いジャズやボサノバのテンポ、などがぐるぐるぐると相まって、
脳内にひとつのお芝居を映し出されたよう。まじで旨い。


……以下は軽くにしときます。


■駒沢公園 エーエスクラシックダイナーのハンバーガー
いままでの人生で食べたハンバーガーの中で、3本の指!

■四谷三丁目 灯花の塩つけ麺
以前、サンクチュアリ出版オフィスがあったところのご近所さん。

■幡ヶ谷 チェスガーデンのタルタルバーガー
何度も食べて確認したくなる肉とバンズの融合世界!
味だけじゃなくて、接客もすばらしい。

■新宿 満来のざるラーメン
結局なんだかんだいって美味しい、シンプルで間違いないやつ。

■新宿 百日紅の煮干し醤油そば
あー、今食べたい。

■五反田 おにやんまのうどん
大人気立ち食いうどん。値段の安さと、
忍者屋敷のようなお店の立体構造にびびった。

■西調布 クリスマス亭のオムライス
「あー、今日は古きよきアメリカを感じたい!」というときにおすすめ。
入口に立つテンガロンハットのおじさんの紳士ぶりに感動。

■箱根ヶ崎 村山満月うどん
糧うどんの名店。迫力のある大ぶりのうどんに、四季の瑞々しい野菜が添えられる。

■九段下 斑鳩のラーメン
店内も器も店員さんもおしゃれ!
まるでカフェみたいなたたずまいなのに、
こんなに美味しいなんて! ずるくない!

■九段下 Factoryのパン
ここもおしゃれなんですよね。九段下、オシャレ。
ここのチョコレートのベーグルを食べたんですが、
ひと口食べた瞬間、在庫すべてを買い占めたくなりました。

■西新宿 一幻のエビラーメン
えびえびー!

■千葉金谷 さすけ食堂のアジフライ
一口食べて「は?」です。
ここよりおいしいアジフライに出会うことは、もはやあきらめました。

■武蔵関 鯛焼きのよしかわ
餅入りで皮はパリパリ。おいしくて5秒で食べ終わりました。
いくつでも食べられそうな鯛焼き。ダイエットキラー。

■大岡山 フルール・ド・セルのランチ
たまにはすてきな奥さんのように、ランチ。

■羽田空港 赤坂うまや うちのたまご直売所
メニューは卵かけごはんか、玉子丼か、親子丼のみ。
どれも、嫌いじゃ、ないでしょう?

■千葉 九重 橋本屋製パン店のレモンパン
まるで幸せの塊を食べているようです。
パックマンにとってのパワーエサ、私のとってのレモンパン、
ということにしときましょう。


以上、
だんだん雑で失礼しました!


みなさんも、よき食べ歩きライフを。
posted by サンクチュアリ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

あああ

総務部の北村です。

 


先日、台風が来るとわかりきっている朝に下着を全て洗濯するという超絶愚行をはたらいてしまいました。
あ、出版社の人間がこういう言葉遣いをしてはいけませんね。

 


他に選択肢がないのでノーパンツで出勤することを決意しました。

 


せっかくのノーパンツデー。
何人かの人に「今日ノーパンなんですよー」と得意気に言ってみると、

 


「あー、この間ケイスケさん(編集長)もそうだったらしいよー」

 


という反応しか返ってきませんでした。

 


ヒーローになれるはずだったのにケイスケさんのせいで…

 


ほんとにケイスケさんはノーパンツだったのか?
誰も調べることができないからといって嘘をついているのではないか?
ほんとのノーパンツは自分だ、ノーパンツの覇者は自分だけなんだ!

 



 


そんなことを業務に支障がない程度に思い馳せていました。

 


そして何となく、う◯ん◯こは我慢しました。
万が一にもちゃんと拭けていなかったらと思うと、とてもではないですができません。

 


 


 


そんな僕は写真が好きです。

 


IMG_8651.jpg

 


IMG_3388.jpg

 


IMG_0084.jpg

 


IMG_9756.jpg

 


IMG_6060.jpg
posted by サンクチュアリ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。